WordPress Popular Postsのアクセス数を上書きするプラグインを作ってみた

どうもオーカワ(@okawa_compass)です。アクセスされた回数を表示しているサイトやブログって多いですよね。エッチなサイトを見る人だったら、想像しやすいんじゃないかな

こんなやつ

定量的に人気記事が分かるので、アクセス数が多い記事とかは見ちゃいますよね。

でも怪しいのありませんか?明らかにアクセス数が多いのとか、サイトの人気に比例してないものとか。

毎回僕は「いじってるやろ」と突っ込んじゃいますね(笑)

突っ込んでいるうちに、自分でアクセス数をいじるプログラムを作りたくなってしまいました。

WordPress Popular Posts

WordPress限定ですが、ほとんどのサイトで使われているアクセス数を表示するプラグインがWordPress Popular postsです。とても人気なプラグインです。

アクセス数の保存場所

データベースに保存されています。

保存場所は2箇所になります。

  • wp_popularpostsdata
  • wp_popularpostssummary

今回はwp_popularpostsdataのpageviewsを使います。

ここをいじれば変わる。私は変わる。変えられる

プラグイン

アメトーク見ながらパパッと作りました。約1時間位で作れた簡単な雑なプラグインです。ほとんどのコードが前に作ったTwitter プラグインの流用になりますので、変数名とかは突っ込まないでください。ネタプラグインなので、ネタだと分かる人だけ使ってください。

ダウンロードとアップロード

こんなクソうんこみたいな事をするプラグインは公式に登録できるはずもないので、GitHubで公開をしています。

zip形式でダウンロードしてください。

zipでダウンロード

WordPress管理画面から、[プラグイン] → [新規追加] → [プラグインのアップロード]でダウンロードしたファイルをアップロード

使い方

プラグインを有効にすると、WordPressの記事投稿画面にボックスが追加されます。

記事執筆中なので0

この中の数値を変えて記事を更新すればOKです。

考えられる弊害

このプラグインはアクセス数は更新しますが、それ以外は全く更新しません(面倒だった)。WordPress Popular Postsは週や月でソートがかけられますが、その辺には全く干渉しません出来ません。言いたいのはソートには気をつけてと(そっと書いてます)。分かる人には分かると思うので、この辺で。

てかネタプラグインだし。

注意

このプラグインはいかなる保証も行っておらず、欠陥およびそれらが原因で発生した損失や損害については一切の責任を負いませんのでご了承を。

感想

またうんこみたいなものを作ってしまいました。SQLが分かる人なら、プラグインを使わなくても1分程でアクセス数は上書き出来ます。超簡単なので、個人的にアクセス数は半信半疑位でいいと思います。でも10万回見られたブログとか言われたら見ちゃうけどね。

まーアクセス数の上書きは読者の信用を失う行為だと思うので、絶対にやめた方がいいですよ。プラグインを公開している私が言うのも何ですが。なんかTwitterのリツイート買いだとか、フォロワー買いと同じ匂いを感じました。

最後に

この記事が公開されたら、アクセス数を2万に上書きして、プラグインをぶちゃりたいと思います。ぶちゃるは私の地元の方言で捨てるという意味です。うんこでした。